2008/06/01

今日の総括

分蜂騒ぎが一段落したので夕方は各巣箱を内検。

本家:
今日の分蜂はなかったがこの群の蜂数はまだまだ多い。留守中に第3分蜂が起きてしまったのではという疑念は解消。ただ、王台(=次の女王蜂を育てる巣房)が確認できなかったのが一寸気掛かり。見落とした可能性もあるので再度検分してみよう。天板は水滴でビッショリ濡れている。巣門を広げ巣箱の換気能力を上げる必要がありそう。

第1分家:
白色のきれいな巣板を作っている。ただ、前回見た時に比べそれほど巣のサイズが大きくもなっていない。もう少し給餌を続けて産卵をうながし蜂数を増やした方がいいかもしれない。

第2分家:一枚の巣枠は蜜がかなり貯蔵されてズッシリと重い。順調に巣作りが進んでいるようなので巣礎付巣枠の新しいのを両サイドに一枚づつ追加(=総計5枚の巣枠)。女王蜂も確認。

庭のサラサドダン、レンゲツツジにマルハナバチやスズメバチが訪花しているがミツバチの姿は見えない。