2008/09/13

薪割り斧の話 3/4


フィンランド製のまか不思議な形をしたマサカリだ。プロモーションビデオを見ると大きな丸太が面白いように割れている。
製品説明やビデオ映像から推測すると秘密はこの風変わりなデザインにあるようだ。

1) 打ち下ろした刃先が木面に触れるとアンバランスな重量構成のマサカリ本体が遠心力で右に倒れる。
2) その横倒れ運動が刃先端を左側へ押し出す。
3) 刃先の角度・形状が “テコの原理”を生み出し刃先の力が最大になる。
4) その力が木を外側に剥ぎ取るように割っていく。
. . . ということのようだ。フィンランド人らしい発想と感心する。

大いに買気をそそられるが価格は6万2千円。長坂J-マートで割った薪束が100束以上買える金額ではちょっと考えてしまう。

そこで . . .