2009/04/24

里山ウォーク 富士見高原


午前の半日、八ヶ岳自然クラブ主催の「里山ハイキング」に参加。
長野県富士見高原を約3時間かけてのゆっくりペースの散策。参加者30名。

富士見高原 創造の森にある彫刻公園もそのルートに含まれている。そこにあった “森へようこそ” と名付けられた石像。その説明文は . . . .

ある日ウサギおじさんが森を歩いていると、大きな大きなタネに会いました。
そのタネからは、新しい緑の芽が出ています。
さて、どんな花が咲いて、どんな実がなるのかな?
ウサギおじさんは、10年たったらまたこの森に来てみることにしました。
. . . . .

哲学的な抽象アートが多い中で分かり易いオブジェ。彫刻の雰囲気と、背後のカラマツ林が溶け合って一番気に入った作品。 (林 宏作)
そして、“樹木との付き合いは10年単位”というのもまったく同感。