2017/06/27

DAY 8TH:エーデルワイス


園芸種は街中のそこかしこで見られるが、本種の野生株を見ることは難しくなったというエーデルワイス(Leontopodium alpinum) 、今日はその野生のエーデルワイスに”会えるかも知れない”というコースを選んでのトレッキングだった。
季節のタイミングが良かったのか思いのほか多くの株数に出会えてラッキーだった。写真では大きく見えるが背丈は5〜7cm。小ぶりなのは標高2570mの高地に生えているせいだろう。

エーデルワイスにならんで今日のコースでの収穫は数多くのカルトジアンピンクに出会えたこと。

数年前のスイス旅行で偶然種子を手に入れ、今でも八ヶ岳で育っているカルトジアンピンクはなんとなく気になり、これまでのコースでも注意して探していた。が、見つかるのはほんの時たまでそれも一本だけがひっそりと生えている風で気になっていた。それが今日のコースでは頻繁に出会え、数十本の株が群生している場所もなん箇所かあった。ただ、今日はミツバチの姿は一匹も見つからなかった。
(ツエルマット泊)