2014/03/22

大雪と枯れ羊歯

2月8日、14日と、2回に渡って記録的な大雪を記録したこの冬の八ヶ岳南麓。すっかり足が遠のいていたが、そろそろ雪も消えたろうと3月12日に様子を見に行った。
予想に反して標高1200m以上にある山荘周辺はまだ深い雪のなか、駐車場に車を入れることができないだけでなく、雪かきをしないと玄関にも入れないという状態だった。

そして10日後の今日到着したシンガポール。空港から市内に入る道路沿いの緑のトンネルは空が透けて見えるほどに葉を落とし、着生したシダはカラカラに干からびている。1月初めに少しばかりの降雨があってからほぼ2か月近く雨のない日が続いているらしい。

日本気象協会の[tenki.jp]によると、玄関ドアを塞いだ山梨の雪と、枯れたシンガポールの羊歯には相関関係があるのだそうだ。