2017/04/16

ビーライニング_青春編


先月11日は地元の中高校生と一緒にビーライニング/ビーハンティング勉強会。昨日と今日の二日間は、そのフォローアップ講座として野外体験会。

フィールドは地元の地主さんの好意で立ち入り許可をいただいたアブラナが咲き乱れる標高800mの渓谷沿いにある休耕地。周辺に野生のニホンミツバチが生息していそうなことは分蜂群捕獲活動ですでに確認済みの場所だ。

初日の昨日は終日風が強く、午後には時おり小雨もぱらつく春冷えの気候とあってミツバチの活動はいま一つだったが、二日目の今日は快晴、無風、最高気温20度超と絶好のビーライニング日和。この冬準備しておいた7台のビーボックスもフル回転で活躍した。

今回のテーマは、「蜜蜂捜索→サンプル蜂捕獲→餌付け→リリース→マーキング→飛翔方向と不在タイムの計測」というビーライニングの基本技法の習得。好奇心旺盛な若者たちの吸収力は抜群で、ごく短時間で全ての工程を参加者全員が難なくこなすようになった。


計測した不在タイムは最短4分30秒から20分以上とかなり大きくばらけたが、給餌器のアニス入り砂糖液で蜜胃を満杯にしたミツバチが飛び去る方向は一定で、南南西の方向、渓谷を超えて対岸の傾斜地に広がる針葉樹と広葉樹の混合林方向だった。

今回は自然巣位置の深追いはしないで、持参した弁当を食べながら、マークしたミツバチが、給餌ポイントと自然巣の間を何度も往復する不在タイムの計測をのんびりゆっくりと楽しんだ。

演習に参加した中高校生たちが、春の陽光を浴びながらミツバチ追いに熱中している姿を見ていると、ビーライニングが新しいアウトドアライフとして日本でも受け入れられそうな予感を感じた一日だった。