2014/01/15

七草囃子(ななくさ ばやし)

七草囃子の歌詞の意味を知りたい。気軽な気持ちで調べ始めたが、予想した以上に諸説紛々で、そう簡単に疑問解消とはいきそうにない。で、以下は作業途中の備忘録;

+ + + + +

七草粥が日本で最初に記録に現れるのは平安初期、神宮の祭事を記録した書物「皇大神宮儀式帳」(804年)だそうだ。それが民間行事として広まり、ほぼ現在のような形になったのは室町時代のことらしい。(日本食生活史)

大正末期~昭和初期の各地の食生活を聞き書きした「日本の食生活全集 」には、各地域の七草囃子が集められている。歌詞は地方により様々だが、 “トードノトリ”というフレーズだけは共通している。

「トードノトリ=唐土の鳥」は中国伝承に登場する鬼車鳥(きしゃちょう)。九つの首を持つ怪鳥で、首の一つは犬に喰いちぎられていつも血を滴り落としている。その血が降りかかると凶事にみまわれる。鬼車鳥は、夜中に庭に下りて捨てられた人間の爪をついばむ。時には家の中に入り込んで人間の魂を奪う。(荊楚歳時記)

大声で七草唄を囃し、まな板を叩いて大きな音をたてるのは鬼車鳥(=邪気、災厄)を追い払うため。

唐土の鳥を、“農作物に害を及ぼす大陸からの渡り鳥”と解釈し、七草囃子と鳥追い唄を結びつける解説もあるが、神事としての七草粥と、農事の鳥追い行事は別物と考えた方が良さそうだ。

七草囃子の誕生時期は定かではないが、江戸初期に貝原益軒により書かれた「日本歳時記」には、七草囃子のことが書かれているそうだ。(日本歳時記はまだ入手できていない。)

宮中歳時記 によれば、宮中では1月7日に「七草粥」と「初爪切」の儀が執り行われるらしい。"爪→鬼車鳥→唐土の鳥→七草囃子"とつながっているようで興味深い。

意外と多くの幼稚園や児童館、あるいは神社などで、七草囃子を唄いながら七草粥を作る催しが行われている。その多くは、伝統風俗を次世代につなげるため、との思いでのようだ。(左写真はは南信州ナビから拝借したもの。)

注記:
(1) トップ写真は、いしかわ19ネットから。
(2) 鬼車鳥は巨大なミミズクとの説もある。ミミズク(=フクロウ)は、国や時代により知恵の神と崇められたり、凶鳥として忌み嫌われたりする。詳しく調べてみたいテーマだが、今回は手をつけないことにした。