2015/12/18

あゝ野麦峠


枕元に置いたiPadで、睡眠薬代わりに聴いていた「通信高校講座 現代国語 II  ”あゝ野麦峠”」の講義が意外と面白く却って寝つかれなくなってしまった。その内容はおおよそ次のようなもの。

+ + + + +

明治の歴史では銭を使った者だけが褒めそやされ、その銭を稼いだ人達のことはめったに語られない。

明治国家の富国強兵と殖産興業をなし得たのは、"坂の上の雲"のエリート海軍でも、"鹿鳴館"でダンスに興じていた貴婦人達の力ではない。それは雪の野麦峠を往来して、岡谷、松本、上田、佐久地方の工場で厳しい労働に耐えた製糸工女達だった。

日清・日露戦争を勝利に導いた最新鋭軍艦は、彼女達の稼いだ外貨なくして手に入れることは不可能だった。薩長の官吏によって設立された官営工場の多くが垂れ流す赤字も彼女達の織る生糸で穴埋めされていたと言えなくもない。

明治治世への製糸工女達の貢献の事実は、今生き残っている元工女達がいなくなれば人々の記憶から跡形もなく消え失せてしまう。松本平の農家に生まれた著者は、当時まだ生きていた400名近い老婆達へのインタビューを繰り返し、彼女達の証言と関連資料を丹念に集めてドキュメンタリー「あゝ野麦峠」を著した。

+ + + + +

最近読んだ「明治維新という過ち」と同根の話と感じ、早速、「あゝ野麦峠」と「あゝ野麦峠と山本茂実」の2冊の古本を手に入れ読み始めたがこれがまた面白い。

観客の涙を誘うため、暗く悲しい側面だけを強調した映画「あゝ野麦峠」では原作の意図が歪められてしまったとの批判もある。だから「あゝ野麦峠」に興味のある方は、DVDの映画からではなくまずは著書を読むことをお薦めしたい。私は25円の高値を支払ったが今ならアマゾンで19円で買える


野麦峠は、毎年鷹柱見学に訪れる白樺峠のすぐ近くに位置する。
新潟や群馬方面から松本平に南下してきたハチクマやサシバは、梓川渓谷に沿って進み、野麦峠を越えて沖縄諸島や東南アジア方面へと向かう。製糸工場での年季が明けた工女達は、何がしかの銭を懐にして飛騨や富山の実家を目指して麦草峠を越える。
鷲鷹と工女が、それぞれの思いを胸に、それぞれの故郷へと同じ峠を越えて行く姿を想像するとなんとなく楽しい。

注記:「通信高校講座 現代国語II ”あゝ野麦峠”」 1980年 NHKラジオ放送   講師:清水富雄 朗読:広瀬修子アナ