2012/12/15

雪原飛翔

氷点下6.1度。
こんな冷気だというのに、突然のミツバチの乱舞。全員巣箱方向に頭を向けて飛んでいる様は、分蜂や逃去時に仲間の合流を誘う時の飛翔に似ている。(撮影:11:34)
そしておよそ30分後、雪上に散乱したミツバチの死骸。ざっと数えて100匹弱ある。(撮影:12:02)

春先に見かける“地を這う蜂”のような刎の奇形などは見られない。
脱糞のため外出したが、あまりの寒さで凍死してしまったのだろうか?

The ABC & XYZ of Bee Culture には . . . 
冬季の温かい日には、脱糞のためミツバチは一時的に巣箱の外へ飛び出す。そんな"冬の飛翔"の後には、多くの年老いたミツバチの死骸が雪の上に見られる。
. . . と記述されている。

同書にはさらに . . . 
でも、これはそんなに深刻な問題ではない。年老いた蜂は、コロニーの運営に
さほど貢献するわけではないのだから。
. . . と、少々我が胸を刺すような文章が続いている。(Forty First Edition、p834)