2017/06/26

DAY 7TH 2/2:フーリー


絶好の遠出日和だが、今日は休息日と決めてチェルマットの郊外でのんびり体力温存に努めることにした。標高1867mのフーリ(Furi)までリフトで上り、そこからチェルマットへ向かってただひたすら坂道を下って行く、ガレ場も残雪もありえない牧草地の散歩道。

道草に咲く花も、昨日のような気位の高い”純”高山植物ではなく、なんとなく馴染みのある顔をしている高原の草花。
立ち止まって足元の野草の名前を調べたり . . .


築400〜500年だという農家の倉庫の外階段の無骨さに感動したり . . .

穀物倉庫の”ネズミ返し”のデザインに感心したり . . .







途中、ツム・ゼー(Zum See)の集落の古民家レストランでパスタとグラスワインで早めの昼食をとったりと . . .

案内板には45分と描かれている散歩道を4時間かけてのんびりゆっくりの散歩だった。

 (ツエルマット泊)