2012/01/24

石油ストーブ

石油ストーブが見直されているらしい。安定供給が危ぶまれる電気暖房のバックアップに、と言うのがその理由の一つらしい。

ふと思い出して、物置の隅に置きっ放しにしてあった石油ストーブをで引っ張り出してみた。一時は結構人気があった米国パーフェクション社の石油ストーブ。耐熱ガラスを通して見える炎の揺らめきが気に入って購入したもので確か1970年代後半に生産されたもののはずだ。替芯の買いおきもあるので、汚れを落とせばまだ十分に使える。

山荘の主要暖房は小学校払下げの薪ストーブ、冷えきった布団を暖めるのは湯たんぽ、そしてこの石油ストーブと、我家の暖房システムはすっかり古物屋の店先の様相を呈してきた。