2012/03/04

「蜂文杯」と「醤油差し」


諏訪湖へのオオワシ見学の折に訪ねた北澤美術館。アール・ヌヴォーからアール・デコのガラス工芸品が数多く展示されている。

美術館へ行くといつも考えるのは「お好きなものを一点だけどうぞ」と言われたらどれをもらおうかな、ということ。

今日の一点は「蜂文杯」。蜂と苺をモチーフにしたフランスの作家、アルベール・ルイ・ダムーズの作品。絵柄がミツバチでなくハナバチのようなのが少し残念だが、落ち着いた色合いと小振りなサイズで、ヨーグルトやみつ豆・杏仁豆腐などを食べる器として使えそうだ。

素人グループの駄作展でさえ撮影厳禁したがる最近の風潮の中で、館内撮影自由(もちろんフラッシュ、三脚は禁止)という美術館の寛大な態度には好感がもてる。

+ + + + +

美術館に隣接するSUWAガラスの里。日本最大級のガラスショップとあって展示商品の種類は実に豊富。

オオワシ "グル" をモチーフにした製品もあるに違いないと探したがそれは見つからなかった。

購入したのはフクロウ絵柄の小ぶりな醤油差し(価格1470円)。身近に置いて使うにはアール・デコよりこの方が気楽でいい。レストランのテーブルに置いて諏訪湖を背景に記念撮影したが、これが諏訪産品かどうかは不明。