2012/02/29

諏訪湖のオオワシ "グル" を訪ねて(1日目)


越冬中のオオワシ(愛称グル)を見ようと諏訪湖への一泊二日の旅。

諏訪は山荘から一時間足らずで行ける日帰り旅行の距離だが、せっかくなら“カリンのその後の様子”を見たり、北澤美術館の見学もと一泊することにした。

湖畔で双眼鏡をのぞいていると、地元のベテラン観察家が「もっと良い場所があるから」と、諏訪湖が一望できる立石公園に案内してくれた。グルを下方間近に捉えて写真撮影ができる好ポイントなのだそうだ。既にグル追っかけ隊のカメラマンが数人待機していた。

公園から西の方角に見える送電線の鉄塔が、グルが山上から諏訪湖へ採餌で往復する通過点とのこと。しばしばこの鉄塔で羽を休めるらしい。

昨日などは、グルは諏訪湖へは舞い降りず、朝7時半から夕方の四時過ぎまで、終日この鉄塔に止まっていたそうだ。

昨夜降った雪が積もる公園で昼食も採らずに待ちつづけた数時間。グルは一度も姿を見せないまま、非情にも夕日は中央アルプスの背後に沈んでいった。

予約していたホテル紅やにチェックインし、冷えきった身体を温泉で温め、なでしこジャパンの試合をTV観戦し、明日への期待を抱いて早めの就寝。

. . . . . (諏訪湖のオオワシ "グル" を訪ねて - 2日目)

備考:
諏訪湖のオオワシ“グル”の由来に関しては、一昨年の記事だが赤旗新聞に簡潔にまとめられている。