2017/07/08

フィングシュテッグ(Pfingstegg)

(スイス旅行 - 日記編 Day 19th 1/2)


フィングシュテッグ(1386m)までロープウェイで登り、野草と氷河を見にBerghaus Bäregg (1771m)に向けてのハイク。

途中で見かけた案内板の説明によれば、ハイキング道に沿って走る深さ400m以上の谷の全てがが150年前には全て氷河に埋められていたのだそうだ。(右写真白塗り部分)

この事実と、温室ガス効果による地球温暖化がどのように結びつくのか、門外漢の自分には皆目分からないが、スイスアルプスのあちらこちらで、近年目に見える形で氷河が縮小しているという話を聞いた。


ハイク沿道には、他の場所ではあまり見かけず、日本では全く見かけないような野草にも数種類出会った。


左:オダマキの仲間(Aquilegia vulgaris/Ranunculaceae ?)
右:白ユリの仲間(Anthericum liliago ?)

(グリンデルワルト泊)