2011/04/22

高尾のイタヤカエデ

多摩森林科学園の桜保存林(高尾)へ。

多摩丘陵の傾斜地を埋める1700本と言われる桜の林は、数年前に見た吉野山の桜のミニ版という景観。色々な樹種の桜が植え込まれているので、2月下旬〜5月上旬と長い花見シーズンを楽しめるユニークな桜名所。

+ + + + +

ピンクや白色の桜の木々の中でひと際目を引いていた鮮やかな黄緑色の木。それがイヤタカエデの花と分かるまでしばらく時間がかかった。

初めてイタヤカエデの花を見たのは2年前の野辺山高原。その樹も見事だったが、それに比べてもひけを取らないような樹形と大きさのイタヤカエデ。