2011/03/31

マレーシアのミツバチ

マラッカに向かう途上、高速道路のサービスエリアで見かけたハチミツショップ。養蜂の盛んなマレーシアらしく、品揃えも豊富で本格的な専門店だった。

マレーシアではハチミツハンターも有名。地上40〜50mのTualangの樹上に作られるオオミツバチ(Apis Dorsata)の巣板採取を生業とする人達。

高価なRain Forest Honeyが収穫できるが、日本ミツバチの2倍ほどもある大きな蜂が、時には千匹以上で一斉に反撃してくるというからたまったものではない。

かっては蜂の攻撃を避けるため新月の暗闇の中で松明をかざして行なわれたという。かなり危険の伴う仕事で命を落とすことも珍しくなく、ハチミツハンティングを業とする人の数も随分と減ったのだそうだ。
(左は、BlogMADU他のWEBから借用した写真を組合わせて作成)

もちろん近年のマレーシアでの蜂蜜生産は巣枠式巣箱を使用した近代養蜂が主流。大規模養蜂場も多く、また高原リゾート地などには観光養蜂園もいくつかある。

一年中花の絶えない地に住むミツバチや養蜂家は幸せ者だ。でも、ミツバチの貯蜜意欲が衰えるのではと余計な心配もしたくなる。

今回の旅行中に見かけたミツバチは、デイゴ(アメリカデイゴ?)の花で蜜を集めるApis cerana(東洋蜜蜂)一匹だけ。

次回は、ミツバチハンター見学など、ミツバチ中心のマレーシア旅行を組んでみたい。