2009/10/11

縄文的生活


キノコ、ボケ、クリ、ギンナン、ガマズミ、サルナシ、ヤマブドウ、オニグルミ、トチ、. . . 。

ここ数日は、野山を歩くと必ず手土産つきの帰宅になる。今朝の散歩の収穫はヤマブドウ。

金生遺跡周辺に住んでいた縄文人達も、この時期、冬の食料を蓄えるため忙しく野山を歩き回っていたに違いない。

薮の中に入っていると、時折木陰からジッと見つめている視線を背中に感じることがある。森の中に宿っている縄文人の精霊かもしれない。