2009/10/10

間一髪

まだ少し早過ぎるのでは、と思いながら様子を見に行ったツルウメモドキだが、果皮はすっかり黄緑色に変わり、既に実が弾け始めたのもある。間一髪で収穫のチャンスを逃すところだった。
去年収穫したのは10月30日、今年のツルウメモドキシーズンは少し早めに来たようだ。

実の表皮がやや黄緑色を帯び始めた頃がツルウメモドキ収穫の適期、ということは去年の秋に学んだ。リースにした時の実付きもしっかりするし、なにより細工が容易だ。外皮がうす黄緑色になっていれば、乾燥した時の実の朱色は完熟採取のものと全く差はないことも去年確認した。