2012/09/02

ママコノシリヌグイ

いまの季節、八ケ岳南麓の道路沿いの茂みでよく見かける、ピンクのこんぺい糖を思わせる可憐で可哀想な花

小さな女の子が、そのかわいらしい花に魅せられつい手を伸ばし、その手を棘に刺されて泣きだす。
だとしても、“継子の尻拭い”まで連想するのはあまりに酷すぎる。


+ + + + +

やはり今の時期に咲く花でそっくりなのがアキノウナギツカミ。葉っぱの形状で見分けがつく。

本当に鰻を掴むこともできそうなほど茎一杯に硬い棘が密生している。そして、生えている場所も鰻が住んでいそうな水辺の近く。
だからこちらのネーミングは納得できる。

春から初夏に花が咲くただの「ウナギツカミ」という野草もあるらしいが自分ではまだ確認していない。