2012/10/27

ついに頂点へ!長野県富士見高校養蜂部

長野県富士見高校養蜂部が、“農業系高校生の甲子園”と呼ばれる第63回日本学校農業クラブ全国大会の「プロジェクト発表」の部門で最優秀賞と文部大臣賞を受賞したとの吉報が入った。

富士見高校養蜂部の皆さんと知り合ったのは3年前、それからの養蜂部の活躍は驚きの連続だ。
  • 創部初年度の2010年、長野県大会で「最優秀賞」、北信越大会で「優秀賞」受賞が最初の驚き。
  • 翌年の2011年、長野県大会、北信越大会ともに「最優秀賞」を受賞し全国大会へ。そして、その初参加の全国大会で「優秀賞」にはまたまたの驚き。
  • そして2012年の今年は、長野県大会、北信越大会、全国大会と全てが「最優秀賞」。それに加えて文部大臣賞も受賞
. . . と、わずか3年間で全国農業高校生の頂点に立つという快挙。

プレゼンテーションの内容や技術が優秀だったのはもちろんだろう。でも、その背景にある常日ごろの活動が評価されての最優秀賞であることは間違いない。こんな素晴らしい蜂友を持ったことを誇りに感じ、彼・彼女達の栄誉を自分のこと以上に自慢したくなる。

部長のKS嬢、部員の皆さん、そして顧問のKH先生に心からお祝いを申し上げます。そして、もちろん養蜂部の元祖三羽ガラスを始めOB部員の皆さんにも。