2010/02/12

自然の造形

“今夜の気象条件では、明日の朝は美しい樹氷が楽しめそうですよ”
. . . 昨夜野辺山の地質学者OS氏から届いたメール。

比較的暖かい上空から降る雨が、樹々の枝を濡らし、地上近くの氷点下の冷気で氷結し始めているらしい。

昨年の冬、牧場で見た“氷のカミソリ”。同一方向から絶え間なく吹き続ける風が作り出す不思議な光景だった。(下写真)

自然の造形は、色々な条件が重なった時だけ姿を現し、毎年必ず見られるわけではない。だから、そんな風景にでくわすとよけいに感動する。

今年の冬は東京滞在が多く、八ヶ岳の冬を満喫できないでいる。

写真上は、2010/02/01撮影の縞枯山。中・下写真は、去年の3月3日、県営八ヶ岳牧場天女山分場で撮影。