2010/01/06

ヤマガラのおみくじ引き

山荘の庭に来る野鳥の中で、ヤマガラの人なつっこさは格別だ。

テラスでコーヒーを飲んでいると、手の届きそうなところまで、親しげな顔つきで近づいてくる。

縁日の大道芸人が、「おみくじ引きの芸」をヤマガラに仕込んだのも、むべなるかなと思う。

調べてみるとヤマガラの芸は、つるべ上げ、鐘つき、梯子のぼり、乳母車押し、輪抜け、かるた取り、那須の与一、. . . 等々、「おみくじ引き」以外にも色々とある(あった?)らしい。(参考資料:「ヤマガラの芸—文化史と行動学の視点から」 小山幸子著 法政大学出版局)

「つるべ上げ」や「那須の与一」など、比較的シンプルな芸であれば、フィーダーにくるヤマガラの中から、一番利口そうなのを捕まえて自分でも仕込めそうな気がする。(飼育許可を取るのは至難の技だが抜け道もありそうだ。)

とりあえずは、他人様が作ってくれたネット上の山雀御神籤*注)を楽しみながら、大道芸人への転身の可能性も探って見ることにする。

 + + + + +

「小鳥に芸の教え方」、「近世大道芸人資料」、「見世物研究」など、その類いの書籍は結構ありそう。ただ、そのほとんどが絶版で、Amazonへの中古出品もない。神田の古書街を歩いて探すしかなさそうだ。

(注) 山雀御神籤は「凶」が出ても心配無用。もう一度開きなおすと「吉」や「大吉」に変わります。

追記:kakodayonさんがYoutubeにヤマガラ芸のすばらしい動画をアップしました。必見!
          おみくじ芸
          つるべ上げ
          鐘つき