2010/01/18

季節はずれのキノコの話


数日前に手に入れた尋常小学校の理科の教科書(小學理科新書、明治25年発行)。

「まつたけ(松茸)  しいたけ(椎茸)」の章を読んで思わず苦笑。
「きのこ(茸)ニハ、. . . 其種類甚ダ多ク、其形モ様々ナリ。. . . 明ニ知ルモノニアラザレバ、食フベカラズ。」

明治の時代から(そして多分そのずっと以前から)繰返し繰返し言われ続け、そして今でもまだ守られていない警告。