2010/01/12

スロベニアの巣箱



今年の秋、Apimedica and Apiquality 2010 がスロベニアで開催される。スロバニアは、自分がミツバチにのめり込むきっかけを作ってくれた地。

オーストリア・アルプスへのトレッキング旅行の下調べをしていて、スロベニアではソバの栽培が行われ、ミツバチの飼育も盛んだということを知った。

特に独特なミツバチ小屋におおいに興味を惹かれた。一見すると物置小屋の壁にたくさんの引出しが埋め込まれている。その引き出しがそれぞれのコロニーごとの巣箱という団地風集合住宅でこの地方では昔から使用されているらしい。(写真上)

引出しの前面ボードは、楽しい絵が描かれている。(写真中)
絵のモチーフは、民話や宗教的なものを題材にしているが、風刺とユーモラスが効いた楽しい絵も多い。(写真下) 
かって日本の一部地方で見られたという巣箱に榊(サカキ)を飾ると同じように、ミツバチに対する敬意の念が伺われて興味深い*注1

“ニホンミツバチをスロベニア式巣箱で飼ってみたい”. . . という妄想に取り付かれたのが数年前の話。そして始めたニホンミツバチの飼育だが、スロベニア巣箱での飼育まで到達するのはまだまだ道遠し、という感じだ。にもかかわらず、学会参加を口実にスロベニアを再訪し、数週間農家に住み込んで養蜂作業の見倣いをしようか . . . と、新たな妄想が頭をもたげつつある。

(注1) 参考資料:「自然と文化 第67号(ニホンミツバチの文化誌)」”ワバチは「盛り」のシンボル” - 日本財団電子図館