2009/05/11

「換気?」 . . . の続き


夜7時半、巣門には扇風行動をする蜂の姿。(写真上)

この並び方は、外気を送り込み、巣箱内に対流を起こそうとするもの。室内の湿気を排出しているのだ。

夜間のこの光景は蜂群健全のシグナル。昼間、タップリと花蜜を集めたことが分かる。

花蜜の水分を蒸散させるため、今夜は、多くの働き蜂が徹夜で働くはずだ。
昼間の「換気?」での懸念は無用のようだ。

+ + + + +

ちなみに、写真中は、昨年の真夏の日中に撮影したもの。
外の空気で巣内温度を下げようとしている体形。巣箱をもっと涼しい位置へ移すか、巣箱への直射日光を遮る日除けが必要。

+ + + + +

興味深いのは、この作業体形がセイヨウミツバチとニホンミツバチでは頭と尻の向きが逆ということ。送風方式と排出方式。
風通しを良くして涼をとる日本家屋と、厚い石壁や土壁で外の気温を遮断しようとする西洋建築の違い、とまで考えるのはうがち過ぎだろう。
(下写真がセイヨウミツバチの整列体形)