2009/04/22

意外と難しい “カラカラ and ドヨーン” の法則


自然巣分蜂群の待受トラップを設置する場所を探し、鉢巻道路、泉ライン、レインボーラインをドライブ。

探すべきはもちろん “カラカラ” と“ドヨーン” が両立する場所。しかし、意外とそういうところは少ないことを認識した。

考えて見ると、カラカラとドヨーンは相反する条件のような気がしないでもない。風の流れが少ない場所 (ドヨーン) は、同時に湿気が溜り易くカラカラにはなり難い。

ということで、次は、ドヨーンとカラカラ、そのどちかを優先することを迫られる。
ドヨーンな地形の中で比較的カラカラな場所?それとも、カラカラ地区で比較的ドヨーンのポイント?富永講師のコメントは、前者の意味合いだったような気がしないでもないが?

今日のところはとりあえず去年と同じ逸見神社の駐車場の縁に置かせてもらうことにし、もう少しポイント探索を続けおう。