2011/06/27

フクロウ巣箱の点検

八ヶ岳自然クラブ フクロウグループの巣箱点検作業。

巣材の中に残されたフットプリントを見つけ、フクロウの生態や害敵の巣箱への侵入状況などの調査。

フクロウにとってより良い生息環境になるため、人間は何ができるのか、何をしてはいけないのか、を探ろうとするものだ。

親鳥やヒナが吐き出したペレットや糞、フクロウ自身の羽毛に混じり、コゲラやカワラヒワのものらしい羽根がかなり目につく。フクロウの餌になった残骸なのだろう。

鷲鷹と同様、土中・地上の食物連鎖の頂点にいると言われるフクロウ。小さな巣箱の中に、自然界の壮大な生態系の一端が印されている。