2009/09/17

スズメバチ捕殺トラップ


秋恒例の来客、スズメバチの姿が数日前から急に増えた。ペットボトルトラップに捕まる数も多い。

スズメバチ捕獲のトラップについては、ボトルの大きさ、その形状、誘導口の形と寸法、その設置位置、誘引液のレシピ、ボトル吊り下げ場所、. . . などについて一言居士は多い。

去年から色々と試してみているがスズメバチを “呼込む” という面では大きな差は見られない。ただ、一度トラップに入りながら逃げ出すスズメバチが意外と多いことが分かった。

それを防ぐためには . . .
  • 液面ができるだけ広くなるボトルサイズと形状
  • 脱出しようとボトル内上部を飛翔するスズメバチが、脚をかけられるような凹凸がないボトルデザイン
  •        "          "          "       、入口(=出口)の位置と形状
  • 一度着水したら羽根がベトついて飛び立てなくなるような高粘度の誘引液
. . . など、いくつかの観点からの工夫が必要のようだ。もうしばらく試行錯誤してみることにする。

蛇足:
ミツバチ飼育書には、「ミツバチがトラップに入らないよう誘因液に少々の酢を加える」とある。我家のレシピでもまねているが完璧ではないようで時折ミツバチの死骸をトラップ内に見かける。