2011/10/12

アオナシの果実酒

今年は、初めてアオナシの果実酒(写真左端)を仕込んだ。

数日前、近所を散策していて、緑色をした小粒のナシの実が道端の草原に散乱しているのに気づいた。調べてみるとアオナシ。山荘からわずか数十メートルの場所に、こんな大木のアオナシの木があるのに、これまではまったく気づかなかった。

しばらくはこのハチミツ用広口瓶で寝かせ、1〜2年後、果実を取り除く時にAbsolut Vodka瓶に移せば我が家の果実酒コレクション“アブソルート・ファミリー(Absolut Family)”の仲間入りをする。

+ + + + +

Absolut Vodkaは北欧では最高級スナップスの代名詞。1879年から続いているスウェーデンの老舗酒造V&S Groupの製品だ。

スウェーデンでは、アクヴァビット(Akvavit)やウォッカ(Vodka)をひっくるめてスナップスとも呼ぶ。スナップスメーカーは、それぞれがシャレたデザインの容器で販売しているが、その中でも特に気に入ったのがこのAbusolutの瓶。随分昔のことだが、中味より容器が欲しくて買い求めたものだ。購入した時には、果実酒用ボトルとして活躍するとは思いもしなかった。

果実酒は、仕込む時には夢中になるが、造ってしまうと棚の奥に置き忘れて滅多に飲むことがないのが難点。

備考:
ヤマナシ果実酒のレシピ=ヤマナシ 600g + ホワイトリカー 900cc + 氷砂糖 120g。氷砂糖の量はやや控えめにした。