2011/10/26

赤い木の実

午後の散策で見かけた赤い木の実5種。青空に映える美しさは春の花に負けていない。

アオハダ (青肌)
外皮を剥ぐと木肌が青いから。
我家の敷地内にもかなり大木のアオハダ自生木がある。花の時期にはミツバチの主要蜜源花として重宝しているが、残念ながらオス木のようで実を付けない。
来年の春にはぜひメス木を1本植えようと決心した。

カマツカ (鎌柄)
剛質でしなりのある材は鎌の柄に利用されていたことからの命名。
牛の鼻輪としても使われていたので別名ウシコロシ(牛殺し)とも。

アズキナシ (小豆梨)
果実がアズキ(小豆)に似ているから。
小粒の果実を近くで見るより、遠くから樹形全体を眺めると花が咲いているようで美しい。今年は、清泉寮より天女山牧場の大木の方が実付きが多くてきれいだ。

ツルウメモドキ (蔓梅擬き)
枝葉が梅に似たウメモドキ。そのウメモドキに似ている蔓性の植物だから、と「風が吹けば桶屋が...」的な名前の由来。
リース材料として人気だが、ここまで朱色の果実が顔を出し始めると作業中に実がパラパラと落ちるので収穫にはもう遅い。

メギ (目木)
枝葉を煎じて眼病の治療にするのでメギ(目木)。枝が固い棘で覆われているので別名コトリトマラズ(小鳥止まらず) 。
同じメギ科でヘビノボラズ(蛇登らず)という木もある。こちらはこれが正式名。