2011/10/18

(続)ヤマナシかアオナシか?


2011/10/15投稿への追記。

知名度トップスリーの“ヤマナシの木”の果実を比較してみた。
左から;
  • “牧場のヤマナシ”
    県営八ヶ岳牧場天女山分場の牧草地内の大木

  • “野辺山のヤマナシ”
    南牧村板橋地区の農道の真ん中に生えている大木から落下した果実

  • “清泉寮のヤマナシ”
    幼稚園前の大木では果実が発見できなかったので、中央大通りの若木のヤマナシ並木
これまで、樹形、幹表皮、葉、花などの外観比較では、その相違がいま一つ識別できなかったが、果実を見ると明らかに違う。牧場と野辺山のヤマナシの木は同一だが、清泉寮のヤマナシは前者とは明らかに別もの。

学名云々はさておいても、ここまで歴然とした差のある二種類の木を、同じ「ヤマナシ」という名称で呼ぶのはどうかな、という気がしてきた。“清泉寮はヤマナシ、牧場と野辺山はアオナシ”?