2019/03/10

チュアラングとオオミツバチ


チュアラングハニーを手に入れたので、この際チュアラングの木のことも少しは知っておこうとネットで調べた。

ュアラングは、熱帯雨林植物層の超高木層の中でも突出して背が高く、時には80mを越すをほどの樹高まで成長する群生しないで一本立ちするため、その高さが一層際立ち飛行機から見ても容易に識別できるそうだ。


オオミツバチは水平方向に伸びている枝に半円月型の大きな巣板を造る。一本の木に100個ちかい群が巣を架けることもあり、そんな時には400〜500kgもの蜂蜜が収穫できるらしい。

オオミツバチが営巣場所としてチュアラングの木を選ぶ理由は色々考えられる。


第一は、周辺に花蜜や花粉が豊富こと。
熱帯雨林の低地帯、湿潤な地に生育するチュアラングの周辺は植物多様性の宝庫。多種多様な植物が繁茂し、一年を通して花蜜や花粉が豊富に供給される。一本の樹に100個もの群が棲み着いて生活できること自体がその裏づけだ。


第二は、樹冠は冷涼で湿気が少ないこと。
霧や低い雲で覆われることが多い熱帯雨林では、地表近くはジメジメと湿度が高く蒸し暑い。一方、霧や雲の上に顔を
出すことができるチュアラングの樹冠は、陽光を一身に浴び、涼風が流れ、比較的乾燥した空気に包まれる。集めた花蜜の水分を蒸散させハチミツへと加工する環境としてはベストな場所のように見える。


第三は、超高層で外敵が少ないこと。
草木が繁茂した低〜中〜高木層には、アリなどの昆虫類、ネズミや猿などの野生動物、野鳥類がなど多くの外敵が棲息している。そんな喧騒から距離を置く超高層の樹冠はミツバチにとって比較的静穏な場所。その上、チュアラングの幹は地上高30〜40mまでは枝が全くなく、樹皮はなめらかで滑りやすいのも好都合。チミツが大好きなマレーもこの木を登ることは出来ない。

こんな諸々の事情が重なって、”チュアラングの木=オオミツバチの巣” の関係が出来上がったのだろう。
(資料&写真 Rainforest Journal Living Asian World Biomes 他)

2019/03/04

チュアラングハニー(Tualang honey)


プラザ・シンガプーラ(Plaza Singapura)のウィンドウショッピングで目に止まった巨大なミツバチ巣板、熱帯雨林蜂蜜(Wild rainforest honey)の専門店でオオミツバチの巣から採蜜したオーガニックな天然野生蜜を販売していたので迷わず1瓶購入した。
以前から熱帯雨林蜂蜜には興味があったが、街中の食料品店などで見かけることはまずない。以前に旅行したマレーシアのハニーショップでもずいぶん探したが熱帯雨林蜂蜜は扱っていなかった。
オオミツバチ(英名: Giant honeybee 学名: Apis dorsata)


オオミツバチは、熱帯雨林に生育するチュアラングの高枝巣を作るので、この蜂蜜はチュアラングハニーとも呼ばれている
購入したのは600g入ボトル一本がSGD $ 80 (約6,400円)だから通常のハチミツ価格に比べるとかなり高価だ。

チュアラングハニーのセールスポイントは、甘味料としてではなく医薬効果のようで、店頭のディスプレイや店員さんの説明もそのコンセプトで貫かれている。

適応症は、便秘、喘息、不眠症、結核、癌、胃腸障害、痛風、腰痛、心臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧、骨粗鬆症、アンチエイジング、. . . と聞くと、やや眉唾的な疑念を感じなくもないが、”8日で咳が止まり、4本飲んだら便秘が治る。でなければ代金はお返しします”とまで広言するからにはそれなりの根拠もあるのだろう。

チュアラングハニーの医薬効果が注目されてきたのは最近のようで、ラボテスト、動物実験などの研究論文はネット上で数多く見つかる。医薬品として認可されているマヌカハニーとの成分比較などもあり、既に臨床試験が行われている症例もあるようだ。

ニホンミツバチの作る蜂蜜同様、チュアラングハニーも多種の花蜜がブレンドされた百花蜜(multiflora honey)。その点を売りにして、単一花蜜のマヌカハニーよりさらに高い医薬効果が期待できると喧伝している文献もある。濃厚な色合いや独特のオーガニックな風味には漢方薬的な雰囲気もあり、素人目にはなんとなく効き目がありそうに感じるのだが(?)

追記:Tualang honeyは日本でもネット販売されていることが分かった。Black Wild Honeyの名称で 200g 8,618円(税638円)とシンガポールの3倍の価格。

2019/02/23

春の息吹き

寒い、寒い、と愚痴を言っているうちに足元ではもう春が始まっていた。

菜の花畑ではニホンミツバチが花粉を集め . . .

キンリョウヘンは花茎をグングンと伸ばし. . .


庭の隅にはフキノトウ。

3個ほど摘んで”春の苦味”を楽しむことにした。

2019/02/21

待望の新刊書 - Thomas D. Seeley著


ミツバチ研究のグル、Thomas D. Seeley教授の新しい著作「The Lives of Bees」が今年6月出版されるらしい。「養蜂上のトラブル解決策は野生ミツバチに聴け」というのがこの本のメッセージのようだ。

シーリー先生は、前作「Following Wild Bees」で既にこの識見を示唆していたので、いつかより詳細な解説をしてくれるだろうと期待していたが、予期していた以上に早い刊行だ。
  •  飼育群の死滅が騒がれる一方で野生ミツバチたちは元気に暮らしている . . .
    "We need to rethink beekeeping. . . .  how honey bees survive--and thrive--living naturally inside trees. Mean while, within vast beekeeping industries, honey bee mortality remains at an all-time high."(Nicola Bradbear, Director of Bees for Development)
  • ミツバチと養蜂家の間にある利害対立 . . . 
    "Seeley meticulously guides us through the natural history of honey bees while examining the tension between what is best for the bees versus what is best for their keeper. "
    (Rusty Burlew, HoneyBeeSuite.com)
  • その場しのぎの解決策を探すのはもう止めよう. . .
    "We need to stop inventing temporary solutions to honey bee problems, and just listen to what the bees are telling us by example."(Kirk Webster, Champlain Valley Bees and Queens)
  • . . . . . . . . .
書評の中にさえ興味を惹かれるフレーズが数多い早速Amazonに予約注文した。

数年前から地元の中高校生たちと実行しているビーハンティング/ビーライニング 。その技を習得し、八ヶ岳南麓に散在する野生のミツバチの巣を見つけ、自然巣のミツバチたちの生活を観察する。そんな構想に確かな道筋を示してくれる一冊と期待している。

訳本出版の噂はまだ聞かないが、大御所シーリー先生の著作なので近いうちに日本語版も出てくるはずだ。

2019/01/31

八ヶ岳南麓の雪

今年初めて来た山荘。夕方から降り出した雪が夜の8時頃にはすっかり通路を覆うようになった。まだ降り続いている。今年の冬は雪が少ないらしいが今夜は結構積もりそうだ。

2019/01/08

冬の都会派ミツバチたち


散歩で通りかかる道路脇の畑地に一筋の菜の花の畝がある。市内で見かけるミツバチの多くはセイヨウミツバチだが、ここに集っているのはいつもニホンミツバチなのが嬉しい。 ただ、ちょっと気になる飛び方の蜂が目につく。
写真を撮ってみると、目視では気づかなかったが翅が折れた個体が少なからずいる。翅の折れ具合は、ダニや病気によるものではなさそうで、晩秋の八ヶ岳高原でよく目にする、終末期を迎えた蝶のほころびた翅によく似ている。

これまでは、”冬でも花蜜や花粉に恵まれている都会派ミツバチはなんて幸せ者だろう”と思っていた。が、翅が折れてもセッセと花粉を集めるミツバチの姿を見ているうちに、そう単純な話ではないのかも知れないと思い始めた。

この時期八ヶ岳高原の高齢ミツバチは巣外へ出ること滅多にない。天気の良い暖かい日に、脱糞のため時折外出する程度で、それ以外は終日温かい巣内で家族と一緒に静かな余生を過ごす。

一方、都市のミツバチたちは、翅が朽ちても外へ出かけて花粉を集めている。暖地に棲む女王蜂の産卵力が寒冷地の女王ほど低下しないため、冬場でも蜂児のタンパク源になる花粉の需要が高いせいだろうか?それとも、”生涯現役”とか”働き方改革”と煽られ、のんびりと隠居生活をさせてもらえるような雰囲気が都市に棲むミツバチにはないせいだろうか?

2018/12/30

朝焼け


ここ数日日本列島は厳しい寒波に覆われている。府中観測地点の今朝の最低気温はマイナス2.5度。八ヶ岳南麓の状況はどうだろうかと北杜市ライブカメラにアクセスして目に止まったのが、日の出直前、真っ赤に映える赤岳の光景だった(写真上左)。昨年のスイス旅行で滞在したZermattのシャレーのベランダから見たマッターホルンの朝焼けの姿にそっくりだ   (写真上右に 撮影 2017/6/26 5:51:15)。
マッターホルンの朝焼けは”キャンドルの炎(Candle Flame)”と呼ばれているそうだが、であれば今朝の赤岳はさしずめ ”火鉢の熾火(おきび)”とでも呼べそうだ。


そこで「火鉢の熾火」は英語でどのように表現するのだろうと調べると英語で "火鉢"は”hibachi”らしい。屋外で炎をあげて燃やす "Fire pit"や "brazier" と呼ばれる焚き火道具はあるが、火鉢のように室内で熾火を使う器具は存在しないのだろうか?

もっとも本家の日本でも、今では "hibachi" は骨董市でお目にかかる程度で、それも買手のほとんどは外国人らしい。火鉢の熾火で手を暖めたり、餅を焼いたりする生活スタイルはすっかり姿を消してしまった。

2018/12/15

ネズミの骨拾い

(資料:麻布大学いのちの博物館)

すっかり恒例の催事になった感のある麻布大学いのちの博物館主催の公開ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」。参加申込者が予想した以上に多く急遽2日に分けて実施することになった。

第一回目の今日の参加者は31名、うち小・中学生が15名と、若手参加者が年々増えていることも好ましい。
私のすぐ隣で作業をした小学4年生のお嬢ちゃん、作業開始直後にモグラの手の骨を見つけたことが彼女の探究心に火をつけたようで、作業終了間近には、”これはハタネズメでしょ”、”これはアカネズミだよね”と、下顎骨が見つかるごとに骨格からネズミの種別を正確に判定して報告してくる。本人自身もかなり満足した様子で、"次回も必ず参加します"と言いながら元気良く帰って行った。今日の体験がきっかけで、彼女が野生生物研究者への道を歩むこともあり得なくもない。

分析対象の巣材は八ヶ岳自然クラブ フクログループの活動から収集されたもの。フクロウグループは、多少の例外者はいるがおしなべて高齢者メンバーで構成された自然保護活動グループ。そんな高齢者の手で集められたフクロウの営巣巣箱残留物が、未来の若手研究者を産み出すトリガーになっているかもしれないと思うと嬉しくなってくる。
ちなみに今日のワークショップ参加者の年齢構成は9才から78才まで。

2018/12/13

アオゲラ対策


ミツバチの冬支度と言えば以前は巣箱を防寒材で覆うことだけだったが、今年からはアオゲラへの対策も加わることになった。昨年の冬、山荘の庭で越冬させた8群のうち4群の巣箱がアオゲラの襲撃を受けるという災難に見舞われたせいだ。
何年間も大事に育んできたミツバチを失うことが辛いのはもちろんだが、それに加えて、. . .

手間暇かけて作ったコモ巻き巣箱のムシロを破られたり、. . .


貴重な御神木巣箱に穴を開けられる災難をこの冬はなんとしても避けたい。

ネットで調べても、”ミツバチ巣箱をキツツキから守る法”などの記事は見当たらない。
で、この冬はとりあえず園芸用ネットで巣箱全体を囲って様子を見ることにした。アオゲラは嫌がるが、ミツバチの出入りにはそう支障がなさそうな角目の大きなネットを選んだ。

2018/11/13

リンゴの蜂蜜煮


長野に住む蜂友TY氏が「規格外品だけど」とダンボール一箱のシナノゴールドを持ってきてくれた。ごく小さな”つる割れ”ができたために規格外になったようだが、味は贈答品と比べて全く遜色がない。たまたまフクロウの巣箱作りで我が家に集まっていた仲間や近所の蜂友へおすそ分けしたら大好評だった。


であれば、この日本のリンゴの美味しさを冬休みに帰国する海外住まいの孫たちにも教えてあげたいと考えたが帰国予定は一月半後、それまでこの美味しさを保ったまま生リンゴとして保管する自信がない。そこで蜂蜜煮にすることを思い立った。

レシピはかなり大雑把に;
  • リンゴ vs 蜂蜜 vs レモン =10:1:1
    *重量比 リンゴは皮をむいた後、レモンは絞る前の重量。蜂蜜は子供向けにやや多めにした。
  • アルミ無水鍋で弱火でコトコトと30分
味見した限りでは作った本人自身は自信作だが孫たちがどう評価するかは分からない。

追記(2018/12/18):帰国した孫たちも朝食のトーストにのせて”おいしい、おいしい”と良く食べる。これまでに提供した料理に対しても気に入らなければ”マズイ”と率直なコメントをする二人なので本当に美味しいのだろう。

2018/10/31

クリスタルラインの紅葉

(本谷釜瀬林道)

東京への帰路、いつものように甲府盆地を中央道で突っ走るのではなく、遠回りして秋の林道を走ってみようと思い立った。

清里から高須林道に入り、本谷釜瀬林道〜観音峠大野山林道〜池の平林道〜荒川林道〜杣口林道のクリスタルラインを走って、乙女高原経由で甲州市牧原へ抜けようというのが今日のコースプラン。

スタートラインの旧清里村の里山を囲む山並みはすっかり秋色に染まり、今日のコースの紅葉の色づき具合への期待が膨らむ。


林道とはいえほとんどが舗装され、乗用車でのドライブに支障を感じるようなタフな道路は全くない。


フロントガラスを通して見える山々は、”濃いも薄いも数ある山もみじ”に染められ、 . . .


車は”流れにもみじ散り浮く渓(たに)”に沿って走る。


かっては遠く信州川上村からも信者が詣で、売店が出るほど賑わったという岩屋堂も、今では訪れる人もなく秋の陽光の中で森閑とし、 . . .


木賊峠(とくさとうげ)から眺める富士は”四方の山を見おろし”て泰然自若。

法面が崩れ池の平林道は通行止めで甲州市牧丘へ抜ける計画は断念せざるを得なかったが、途中たびたび停車して付近を散策したりと、6時間もかけてのゆったりのんびりのドライブ。クリスタルラインが予期した以上に絶景の紅葉名所だということを知った。

2018/10/30

つるしんぼ 2018秋


北風が出てお天気がつづきそうだからつるしんぼをむく”ことにした。昨日の本谷川渓谷への紅葉ドライブで立ち寄ったみずがき湖ビジターセンターの売店で仕入れた甲州百目柿だ。たった24個の干し柿作りだが、山荘生活での晩秋の歳時記になり、この作業を終えないとなんとなく冬を迎えられないような気がする。


期せずして、夜のNHKテレビで、”市田柿作り始まる”とのニュース。市田柿といえば、飯田市の故松澤太郎市長のご案内で南信の市田柿作りの作業場現場を見物させてもらったことを思い出す。

市長の仲立ちで、我々東京の若手ビジネスマンの勉強会グループと、飯田市青年会議所や飯田市役所の若手職員の皆さんと交流を重ねていた頃の話なのでずいぶん以前の話になる。昭和の出来事は、すっかり年寄りの昔話になってしまった。
干し柿の渋みの中の齢かな (能村登四郎)

ツルウメモドキ

この季節になると入れ替えたくなるツルウメモドキの壁飾り、緑色の果皮にほんのりと朱色がさし始めていたものを数日前に収穫しておいたが、すっかり皮がむけ中から独特の朱色の実が姿を現した。

ツルウメモドキは東アジア原産の蔓性植物で、クリスマスリースや生け花の材料として人気がある。(蔓梅擬 英語名/ Asian bittersweet 学名/ Celastrus orbiculatus Thunb.)

アジアから輸入した米国でも、一時はオーナメント素材としてもてはやされた時期もあったようだが、野鳥のフンと一緒にばら撒かれアッというまに米国東部・南部の広範囲で野生化し、寄生した樹木を枯らしたり、在来種のアメリカツルウメモドキ(Celastrus scandens)との交雑による遺伝子汚染が問題視されて、今では日本でのアレチウリのように侵略的外来種として冷視されているようだ。種子や苗木の販売を禁止している州もある。
実を割りて蔓梅擬華やぎぬ (日隈 翠香)

2018/10/29

本谷川渓谷の紅葉


塩川ダム周辺の山肌の紅葉のピークは後数日先という感じだが、少し上流の増富温泉郷〜本谷川渓谷は今が紅葉狩りのハイシーズン。次の週末が最後のみごろになりそうだ。ちなみに本谷川の紅葉が一番美しく映えるのはV字谷に陽光が射し込む正午前後。

塩川ダム(瑞牆湖)のオシドリは数羽ていどしか見つからなかった。

2018/10/10

老いも若きも

フクロウ講演会は想定以上の盛況だった。なかでも、ペリットを解きほぐしてフクロウの食性を調べるワークショップは想定以上の盛りあがり。
  • 一昨年に一緒に作業をした麻布大学の学生さんも(下左)、
  • 昨年の夏休み、同じく麻布大学いのちの博物館で開いたワークショップでの子供たちも(下右) 、
  • そして、やや年齢層の異なる今日の参加者も(上) 、
. . .  皆さん、真剣な表情でネズミの骨を探している姿は全く一緒。老いも若きも好奇心に差異はないようだ。


フクロウ講演会

今日の午後はフクロウ講演会です。ご都合のつく方はぜひお立ち寄りください。事前の申込は不要、入場は無料です。

主催:八ヶ岳自然クラブ

共催:山梨県立自然ふれあいセンター

2018/10/07

キノコは危険

今日のANN NEWSは . . .
長野県で今年8月以降キノコ狩りで16人が遭難し、うち10人が死亡した。
. . . と報じていた。

農林水産省のデーターでは、平成29年にキノコの食中毒で死亡した人は全国で3人。他の研究機関のデーターでも死亡例は毎年2〜3人(全国)らしい。
キノコは「食べる」よりも「採る」ことの方がはるかに危険、ということをもっと喧伝した方が良さそうだ。

2018/10/05

オシドリ受難


そろそろオシドリが見られるのではと立ち寄った清里湖(大門ダム貯水池)、いつもは青く澄んでいる貯水が泥水に変わり、オシドリがたむろしているはずの対岸崖下の湖水は無数の流木や枯草で覆われてしまっている。台風24号の豪雨の仕業のようだ。

この時期、湖岸周辺の崖にはドングリがたっぷりと落ちる。そのドングリを目指してたくさんのオシドリが集まってくるのだが、今年のドングリは全部豪雨で洗い流されて湖底深くに沈んでしまったに違いない。オシドリたちにとって今年は厳しい冬になりそうだ。

ダム湖までの道筋には、突風で幹の中ほどでボッキリと折れたヒノキがまだ電線に宙吊りになったままだったり、. . .

湖岸を周る道路に溢流が流れて通行止になっている所も何箇所かあった。

台風24号が日本列島に上陸した9月30日、北杜市にも豪雨警報が出されたことはTVニュースで知っていたがこれほどまでとは想像していなかった。

2018/09/28

タマゴタケ

多摩丘陵を散策していてシノダケの竹林に並んで生えていた真っ赤なキノコ、タマゴタケのようだ。周辺の雑木林の林床のあちこちでも見つかる。

今年はキノコが当たり年らしい。TVニュースでは、長野では松茸が大豊作で価格も例年よりずいぶん安いのだそうだ。同時に、キノコを探していて崖から滑落する死亡事故や、毒キノコを食べた食中毒が例年以上に多発しているらしい。明治の昔から全く同じ警告が毎年毎年繰り返されている。


派手な極彩色を敬遠し普段は手を出さないキノコだが、今日は10個ほど採取し、四方八方から撮した写真を八ヶ岳南麓のキノコ博士A氏へ送ってタマゴタケであることを再確認してもらった上で夕食で食べてみた。

ネット情報では、”天然キノコの女王”とか、”生食もできる優秀な食用キノコ”などの記述があるが、夕食のオリーブオイル炒めではその美味さがいま一つ分からなかった。

2018/09/22

雨上がりの幼菌


2日続きの雨天が午後には青空に変わった。近くの雑木林を歩くと色々なキノコの幼菌が目につく。その中から一番顔見知りのジゴボウ(=ハナイグチ)を数個収穫した。

つい先日までテレビの天気予報が、"生命にかかわる危険な暑さ"というフレーズを枕詞のように使っていたのが ウソのようにここ数日は肌寒い天気に変わった。夕食のメニューは自家栽培のシイタケとあわせて”キノコ鍋”で決まり。

2018/09/21

庭の赤い実

r春の花に代って秋の庭を彩るのは赤い果実。いま山荘の庭で目につく赤い実は;

山椒と . . .

ガマズミと . . . 

ヤマボウシと . . .

ニシキギと. . . 

マムシグサ。

そして間もなく仲間に加わりそうなのがノイバラの実。

ナナカマドは今年もほとんど実をつけなかった。カラマツや山栗の日陰で陽当たりがよくないせいだろう。